消費者基本法と消費者基本計画について

| 未分類 |

消費者基本法とは消費者の権利を明確にし、自立支援を促す目的で平成16年に制定された法律です。
金融商品も多様化し、個人で投資できる商品も増えています。

 
一方でリスクについての情報が不足する中でトラブルが多いのも実態としてあります。
こうした消費者の権利の保護を進めると共に、自立に向けて消費者と事業者の情報の格差なども解消していこうという狙いがあります。
安全な取引と苦情に際しても適切に処理することが盛り込まれ、事業者が負う責務も明確に示しています。

 
また、平成17年から21年度の5年間を対象にして消費者基本計画を定めています。
これは基本法に沿って環境整備を図るもので、金融商品だけでなく、日常に商品についても対象としています。

 
つまり、農産物に関しても、どこの産地で栽培・飼育されているのか情報を消費者に提供することも含まれています。
特に金融商品はリスクについての説明が重要になります。

 
消費者に十分なリスクについての情報を提供することを基本にしており、権利の保護と自立を促しています。
同時に違法な業者や悪徳業者についての監視が強化され、政策に反映される仕組み基本法の中で盛り込まれています。
健全な消費生活の権利と保護、自立を促進させるのがこの法律の主旨です。