金融商品の消費者を守る制度や法律について

| 未分類 |

日本では長く不景気が続いており、国の方策として銀行などの預貯金の利率が超低金利となっています。銀行にお金を預けてもほとんど利息がつかないために、投資信託やFXなどの運用商品に人気が集まってきています。

 
余裕資金で運用する場合は、ある程度の損を覚悟しなければなりません。メリットを享受するためにはデメリットが必ずあることを念頭に置く必要があります。
余裕資金ではない、大切な現金を預ける先を探すのであれば、やはり銀行の定期預金となるでしょうか。銀行の金融商品には、消費者を守る為の仕組みがあり法律によって定められています。

diet03_l
「預金保険制度」は、万が一金融機関が破たんしても、一定額の預金を保護する制度です。具体的には、銀行、信用金庫、郵貯銀行、その他日本の金融機関に預けた預金が1000万円迄であれば、元本とその利息について全額を保護してくれるものです。

 
この仕組みは、一般の銀行だけでなくネットバンクについても同じ取り扱いをしています。ネットバンクは、店舗型の銀行に比べると格段に高い利率の預金を提供しています。元本保証で少しでも高い利息を求める方に適しています。

 
そのほか、元本保証の運用先として個人向け国債の10年物も人気があります。金融についての知識を持つことで、デメリットの少ない預け先の選択が可能になると言えるでしょう。