セーフティネットの整備と認識

| 未分類 |

様々な金融商品が取扱われるようになった結果、金融機関が万が一破綻してしまった時の投資家や預金者を保護するシステムに注目が集まるようになりました。
この保護システムは、セーフティーネットと呼ばれ、大きく3種類に分けられます。

 
まず1つ目の預金保険制度は、信託や預金を保護する制度です。

 

2つ目の投資者保護基金は、証券会社に預けた資金及び有価証券を保護する制度です。

 

そして3つ目の保険契約者保護機構は、保険を保護する制度です。

 

また、中には金融機関が業態ごとに定めている相互援助制度と呼ばれる制度も、存在します。
こちらの制度は、法律に基づくものではありません。
あくまで金融機関が定めるもので、私的な存在と呼ぶ事ができるでしょう。

 

しかし、金融業界の安全の強化やリスクの軽減、信用維持には欠かせない存在と言えるでしょう。

 

その為、投資家や預金者にとっては、どちらも必要不可欠な存在です。

 

ただし、全ての金融商品がこれらの制度で保護されるという事ではありません。
保護の対象外となる金融商品もありますので、保護対象であるかどうかは事前に確認が必要です。

 

また、保護の対象であっても保護される割合も金融商品によって異なるので、要注意です。